<< どうなるだろう。
描きたいーーー >>
未だ陽は沈まず
2016-08-31 18:24:32  | コメント(3)
パソコンある部屋にはエアコンがない。
エアコンある部屋にはネット環境がない。

なので、どうにかこうにか朝晩の涼しい時間なんかを利用して描いたりするしかないわけです。


今回は、セノーテラス商會様作の「死にやすい公爵令嬢と七人の貴公子」から、主人公のエーリカ嬢をざくざくっと(落書きよりは手を入れたけれど、HONKIよりは雑)描きました。
話に破綻がないし、作中での言葉づかいの破綻もないし、余計な描写もないし、と私的読みやすい小説としてイチオシです。

誤字脱字はまだ平気ですが、誤用があるとイラっとするタイプの読者です←


そんなこんなで、気に入ったと思ったら描きます。描くんです。
マーブル水薬


作中に服装の詳細はないので、
好き勝手に描く!
とはいえ、まだ8歳のお嬢様なので、それほど色気も露出もないと思います。
でもきっとドレスは膝下くらい。
そんな感じで描いていました。

涼しくなったらさっくり描きたいです。

※貴族とか中世風とかでミニスカは認めん!!!!(断言)



>汀雲さん
こんばんは!まだまだ残暑が厳し過ぎて溶けそうですね。
朝晩涼しいのがちょっとだけ救い、でしょうか。

誤字脱字はそうですね、チェックする癖さえあれば、全てとは言いませんがある程度は修正できる=治す余地のあるまちがい

誤用=調べもせず思い込みで間違ったまま突っ走っている

くらいな差を感じてしまうのです。
あとミニスカ!!貴族の娘(しかも上級貴族)ならはしたない、とか周囲でいさめないのか!!くらいな勢いです(例え書籍化されていても許せないタイプ)

このイメージの元の小説、個人的にとてもおすすめですよ!是非!


>べり子さん
ですよね!!スカート丈の短い貴族など!!認めん!!!
夜会で下級貴族(若しくは高級娼婦)、さもなくば大商人程度の身分であれば、ノースリ手袋なしでも納得できるのですが、上級貴族で露出が多い、というのはなにそれ、と思ってしまいます。

あ、方言あるあるですね( ̄ー ̄)+
たまに見かけるので、微笑ましく拝見しています。方言は間違いではないと思っています(外国語のようなもの、という位置づけです)
例えるなら、日本語の文章にいきなりスワヒリ語の単語が混ざっていた、くらいな。
間違いではないけれど、理解できる人はその地域の言葉を知っている人だけだろうなあ、という感じですね。
投稿者:城戸・ししゃも・一輝  [ 2016-09-06 01:47:20 ]


やっぱり!長くないと!!駄目ですよね!!!
書籍化した作品で露出が少ないはずがノースリーブ手袋無しの挿絵になっててちょっとがっかりした事が……。

誤用というかちょっとした方言による言い違いみたいなのがあって、目から鱗がぽろんしたことがあります|w・)方言とは思ってなかったんですー
投稿者:べり子  [ 2016-09-04 21:30:18 ]


 こんばんはー
 今年は比較的過ごしやすかった(特に夜)ですが、やはり熱いものは暑いですねぇ

 自分も誤字脱字は気にならなくなりました(ただし何回も同じ間違いしてる場合は別で。一種の誤用ですねー)。
 そしてとっても共感したのは「貴族とか中世風とかでミニスカは認めん!!!!」です。
 妙齢の女性の膝上があらわになっているのはどうにも世界観が……納得できる下地(説明なり)があれば良いんですが^^;

 ということで(?)イラストでご紹介のお話が気になるので後日読みたいと思います^^
投稿者:汀雲  [ 2016-09-03 22:46:58 ]